手軽に出来る整形【コンプレックスフリーの秘訣】

医者

痛みに対する備えと心構え

気になる手術の痛み

目を閉じた女性

美容整形を受けて、きれいになりたい、と考えた時に、少なからず気になるのが、手術中の痛みでしょう。「きれいになるためなら、どんなに痛くともかまわない」という勇気のある方もいますが、痛みが気になって手術に踏み切れない、という方もいることでしょう。気になる整形手術中の痛みとは、どのようなものなのでしょうか。 整形と一口に言ってもボトックスを注射するだけのものから、顎や頬の骨を切る小顔形成まで、その施術の内容は様々です。メスを使用した大掛かりなものほど痛みも強くなる、と言えますが、ただそれは手術中の痛みというよりは、終わった後の痛みと考えた方がいいでしょう。手術中は麻酔が効いていますので、痛みはほとんど感じない、という方が大半です。 美容整形ではどのような手術でも必ず術後に痛み止めが処方されます。痛みをあまり感じなくとも、決められた処方をきちんと守ることが、痛みをなるべく感じないで済ませる方法の1つと言えます。 今は手術法もますます進化して、痛みをなるべく抑えるようなやり方が工夫されてきています。いたずらに痛みを恐れるのではなく、医師とよく相談して、整形手術を受けるようにしましょう。

痛みをなるべく抑えるには

整形手術は受けたいけれど、私は痛みには弱くてダメ、という方も中にはいらっしゃることでしょう。確かに麻酔を打ってもらえるけれど、局所麻酔そのものが痛そうで、という方です。 美容整形手術の場合、全身麻酔を使った大掛かりな手術もありますが、局所麻酔で済ませる手術が大半です。局所麻酔は注射器を使用しますので、確かに痛みを全く感じずに麻酔を打ってもらう、というのは難しいでしょう。しかし、最近は笑気麻酔や静脈注射などで痛みを感じないような状態にして、その上で局所麻酔を打ってもらうなど、様々な工夫がされています。 また、麻酔の注射器そのものも、針が太いと痛みを感じやすいので、極力細いものにするなど、クリニックによって様々な対応がなされているのです。自分は痛みに弱い、と感じられたら、遠慮なくその旨を話して対処してもらうようにしましょう。 痛みは個人差が大きい感覚です。ある人は感じでもある人はほとんど感じないなど、一概にこの手術だからこれだけ痛い、ということは言えません。ですから、手術を受けるまでには自分の不安や痛みに対する許容度を、納得のいくまで医師と話して確認しましょう。