手軽に出来る整形【コンプレックスフリーの秘訣】

医者

人気のまぶたと鼻を変える

多くの人が行っている二重

女性

整形をする時、顔の印象を大きく左右するのは目元です。一般的にぱっちりした二重がほしいという人が多く、そのようなまぶたを手にいれるには手術の方法を知って、より自分のまぶたに適したものを選ぶ必要があります。一つ目の方法は埋没法というもので、メスを入れずに行うものです。これは、腫れや痛みを抑えたい人やメスを入れることに抵抗がある人に向いています。作れる二重の特徴としては元の二重の幅を広げたり、奥二重などの自然な二重に仕上がります。また、この整形方法は作りたい二重のラインに合わせて二重を作れることもメリットの一つです。もう一つの方法は、切開をする方法です。切開方法には、部分切開と全切開の二種類があります。部分切開の場合はくっきりとしていても自然な二重が実現できることが特徴です。また、全切開の場合は本当にくっきりとした二重だったり、幅広の二重になることが特徴です。このように幾つかの種類があり、仕上がりに特徴がありますがどのような二重になりたいかを自分で検討してから相談するようにしてください。

鼻を高くする際の注意点

鼻の美容整形はとても多くの種類があり、ただ高くするだけではなく、鼻先を小さくしたり、鼻筋を通すなど鼻の形を変えることもでき、希望する鼻によって整形手術の方法が変わってきます。そのため、それぞれに注意点があります。まず、鼻を高くする場合はヒアルロン酸注射をすることが一般的なので、注入したヒアルロン酸が安定するまで一週間程度かかります。その間は触らないようにしたり圧迫しないなど注意がひつようです。また、プロテーゼ挿入の場合は、完全に安定するまでさらに長く一ヶ月ほどかかります。特に最初のうちはきちんとした位置に安定させるため、洗顔時にも細心の注意を払ってください。次に鼻先を変える鼻翼縮小手術や鼻尖形成手術の場合は、触らないことが重要です。安定した後は強い衝撃にも耐えることが可能になります。もっとも注意が必要なのは鼻筋を変える手術でギプスを使用する場合があります。その場合は、ギプスが外れた後も一定期間安静にさせるため、非常に気を使うことになります。理想の顔を手に入れるためにはこうした注意点もしっかり守るようにしてください。