手軽に出来る整形【コンプレックスフリーの秘訣】

医者

自分の顔に自信を持つには

自分の顔が好きかどうか

女性

自分の顔は、両親から受け継いだものです。目、鼻、口、皆それぞれ、形は異なり、同じ人間でも顔つきは皆、違います。生まれつき、目鼻立ちの整った美しい人もいれば、そうでない人も沢山います。自信の顔に何かしらコンプレックスを持っている人は多く存在します。そのため、女性であれば、お化粧をして自分のなりたい顔に近づける努力をしたり、中には整形を行う人もいます。整形は、保険適応ではないため、高額の費用がかかります。また、世間の目もあり、躊躇する人もいますが、お化粧でカバーするより何倍も、自分のなりたい顔に近づけることができます。自分の顔に自信がなく、コンプレックスを抱えて後ろ向きに生きるよりも、整形をして、自分の顔に自信を持ち、明るく前向きに生きるほうが、楽しい人生を送ることができるでしょう。自分の顔に自信を持つことが出来れば、自然と笑顔も増え、何事にも積極的に行動することも可能です。ただ、整形は良いことばかりではなく、落とし穴もあるため、充分に注意は必要です。

落とし穴とは何か

整形の落とし穴とは、もっと綺麗になりたいと思うあまり、何度も手術を繰り返し、結果的に整形前より酷くなってしまう、もしくは健康を損ねてしまうことです。美しくなりたいという思いが先走りすぎて、異常な行動に出てしまうことは、結果的に不幸な状態に陥ってしまいます。例えて言うならば、目を一重から二重にした、でも物足りなくて鼻も高くした、そうすると、顔の形に違和感が生じ、フェイスラインの骨も削った、そうすると、元の顔立ちとはうって変わり、もはや別人になってしまい、他人から見て誰だかわからない状態になってしまっては元も子もありません。そして、整形の費用はかさみ、借金が膨らんでいくというようなことでは幸せにはなれません。そうならないためにも、自分のなりたい顔を明確にイメージし、自分の身体に一番負担のかからない方法を選択することが大切です。お化粧をするにも、整形をするにも、自分に合った方法を選択し、最善な状態に持っていくことが幸せへの近道と言えるでしょう。